低金利の銀行系 | 銀行系カードローンや消費者金融系カードローンは比較して考えよう

銀行系カードローンや消費者金融系カードローンは比較して考えよう

低金利の銀行系

床に散らばる硬貨

カードローンを利用するなら、誰でも低金利でお金を借りたいと思うものです。
カードローンには、消費者金融系と銀行系の2種類に大きく分ける事が出来ますが、低金利なのは後者の銀行系の方です。
銀行の場合は、顧客から預かったお金をカードローンで貸付を行っています。
つまり資金源が顧客の預金となるのです。
一方消費者金融の場合、貸付るお金は自己資金や別から借入たお金となります。
そのため金利を高くしなければ、消費者金融の儲けがなくなってしまうのです。
こうした両者の違いから、銀行カードローンの方が低金利となっているんですね。

こうしてみると、低金利でお金を借りるなら銀行のカードローンの方が有利に思えます。
ただし消費者金融では、金利0円期間というサービスを行っている業者があります。これは文字通り期間が限定ですが、その間はいくら借りても利息は発生しないというサービスです。
無利息期間は、業者により違い条件も異なりますが、上手く利用すれば非常にお得なサービスとなります。
低金利どころか金利0の無利息ですから、こうしたサービスを提供している業者を選ぶ事もおすすめです。
一見業者側には何のメリットも内容に思え、逆に心配になってしまうかもしれません。
しかしこれは、無利息期間を設ける事によってカードローンの契約者を増やし顧客を掴むチャンスを得られます。
これが業者側のメリットだと言えるでしょう。

どちらを選ぶかは、低金利という以外の特徴も加味した上で自分で納得がいくまで十分に考えるようにしてください。